CBDオイル

話題のCBDオイルって大麻と何が違うの?違いを徹底解説

CBDオイル

こんばんは。
シエルです。

最近、日本でも話題になってきたCBDオイル。
知ってる方も多いですが、CBDは大麻草から抽出された成分です。

でも、大麻と何が違うのか
よく知らない方もいるのではないでしょうか。

今回はCBDオイルと大麻の違いについて解説していきます。
これを読めば、違いが分かり、より安心してCBDオイルを使えるようになると思いますよ

本記事では下記の内容を解説します。

CBDオイルは大麻と何が違うのか?

CBDオイル

大麻草の使用している場所が違う

CBDオイルの原料である、CBDはカンナビジオールと呼ばれています。
CBDは大麻草の茎や種子から抽出され、CBDとオイルを混ぜて出来たものがCBDオイルです。

基本的には、オリーブオイルやMCTオイルと言ったベースオイルと混ぜて作ります

日本の大麻取締法では、種子から出来た製品は取締されず、除外扱いなので違法性が無く使用できるのです。

では、気になるのが違法である大麻ですよね。
大麻についても詳しく解説していきます。

違法なのは葉や花

CBDオイル

重要なのは、大麻草の場所によって違法か合法か分かれていることです。

大麻草自体が違法ではなく、使う場所によって違法性が出てきます
よくテレビのニュースでも報道される大麻は下記の場所を使用したケース。

・葉
・花
・穂
・根

上記の場所から抽出されたものが違法になります。
そして、葉や花から抽出されるのがTHCという成分。

THCはテトロヒドロカンナビノールと呼ばれ、日本で麻薬に指定されている禁止成分
このTHCには、精神活性作用があります。

よく言う大麻を使うとハイになる作用です。

海外では、合法の国もありますが、日本では違法です。

まとめ

CBDオイル

同じく大麻草から抽出されるTHCという成分は違法です。
THCには、麻薬特有のハイになる作用があります。

大麻草は危険な面もある植物ですが、CBDのような日常生活でとても助けになる成分をあります。

CBDオイルを使う方は、情報を正しく理解して使うことが大切です。

よりCBDオイルを知りたいと思った方は下記の記事もオススメ。
CBDオイルはベースオイルにも種類があります。

CBDオイル
CBDオイルって一体なんなの?万能オイルと名高いCBDオイルとは最近、目にするCBDオイル。CBDオイルって一体何なのでしょう?この記事ではCBDオイルとは何か?原料は?CBDオイルを徹底解説!...

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。