効果

CBDオイルを傷口に塗ると傷が治る??傷口に塗っても大丈夫なのか?

CBDオイル

こんばんは。
シエルです。

転んだり手に切り傷ができると
1週間ぐらいは気になってしまいますよね。。

そしてなんと言っても辛いのが、水回りのことをする時。
絆創膏をするけど、しみたりして痛い。。
できるだけ早く傷は治したいですね。

調べていると、CBDオイルを傷口に塗ると
傷が治るという情報が!

これは気になったので解説していきます。
本記事では下記の内容を解説します。

CBDオイルを傷口に塗っても大丈夫なのか?

CBDオイル

傷口に塗っても問題無し!

CBDオイルを傷口に塗ることは問題ありません

むしろ、CBDオイルの効果により傷口の菌を繁殖させない効果が期待できます

CBDオイルに含まれているカンナビノイドのCBDには抗炎症作用抗菌作用があります。
この2つの中で傷口に有効的なのが抗菌作用です。

抗菌作用とは「菌の増殖を抑制する」こと。

殺菌除菌とは違うのが、
直接、菌を殺したり取り除いたりするという意味ではありません。
抗菌とは、菌の増殖を抑制することと菌が住みにくい環境を作ることを意味します。

けがした時に傷が出来ると思いますが、
その時にCBDオイルを塗ることで菌の増殖を抑制してくれます。

増殖を抑制してくれるので、結果的に傷の治りも早くなります。

CBDオイルは傷口に塗っても大丈夫なので
けがした時に一度塗ってみてはいかがでしょうか?

皮膚に塗る場合はクリームタイプがオススメ!

CBDオイル

CBDオイルを傷口に塗るのもいいですが、
よりCBDの効果を高めるならクリームタイプがオススメです。

クリームタイプだと、オイルのように垂れてこないので
傷口に成分がとどまり、より効果的です。

傷口の正しいケアとは?

CBDオイル

まずは水道水でしっかり洗うこと!

切り傷などで皮膚に傷ができてしまった場合は、
まず先に水道水でしっかり洗うこと

これをやってないと、傷口からの感染リスクが高まり、他の病気にかかる場合もあります

水道水で洗った後は、清潔なタオルガーゼなどで出血を止めて
消毒液をつけてから絆創膏を貼りましょう

すり傷などの場合、が傷口に付いている場合が多いので
しっかり洗い流すことが大切です。

まとめ

今回は、CBDオイルが傷にも使えるのかを解説しました。

CBDオイルに含まれるCBDには、抗菌作用があります

抗菌作用は菌の増殖を抑制する働きがあるので、早く傷が治ることに繋がります。

また日頃から、CBDを塗っておくことで菌が住みにくい環境を作ることができるので
予防にもオススメです。

オイルタイプだとどうしても塗りにくい場合があるので
肌に塗る場合はクリームタイプを使うと良いでしょう

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。