CBDオイル

CBDオイルって一体なんなの?万能オイルと名高いCBDオイルとは

CBDオイル

最近、雑誌やインターネットでよく目にするCBDオイル
でもCBDオイルって?という方、けっこう多いんじゃないでしょうか。
名前をよく聞くけど詳しく知らない、そんなCBDオイルについて解説していこうと思います。

CBDオイルとは

CBDオイル

大麻草から抽出したオイル

大麻草に含まれている100種類以上の生理活性物質(カンナビノイド)の1つであるCBD(カンナビジオール)から抽出したオイルです。

CBDオイルをまず試すならヘンプタッチのCBDオイルがオススメ!
980円で買えるお試しCBDオイルはこちら↓↓

大麻草と聞くと、え、大麻となるのも分かります。
ただ、大麻草に含まれているカンナビノイドの種類が重要なのです。

カンナビノイドの種類は100種以上!

CBDオイル

カンナビノイドには100を超えるの種類があります。
その中でTHCと呼ばれる精神作用がある物質は、日本の大麻取締法で使用が禁止されております。

CBDには、THCのような気持ちがハイになるような作用がない物質。
大麻草の種子から抽出したCBDをオイル化しているので大麻取締法の規制対象にはならず合法で使えます。

逆に、THCは大麻草の花や葉から抽出することが多く、花や葉は規制対象になります。
花や葉から抽出したTHCは違法ですので注意しましょう。

オイルにも種類がある

CBDオイル

CBDオイルを作る上でベースとなるオイルにも種類があります。
CBD単一でオイルが出来るのではなく、飲用オイルと混ぜたものがCBDオイルと言われています。

CBD自体、オイルに溶けやすい性質なのでオイル製品が多いのです。

よく使われているのが下記のオイル達です。

主なベースオイルは3種類

オリーブオイル

おなじみのオリーブオイル。
オイルベースとしても使われることが多く、オリーブオイル自体も体に良いです。

健康効果美容効果が期待できるので、CBDとも相性が良いのでオススメ。
特に美容効果を合わせたいと思う方はオリーブオイルベースを選ぶと良いでしょう。

ヘンプシードオイル

こちらはまだ聞いたことがない方もいるのではないでしょうか。
原料となるのはCBDと同様に大麻です。

ただ、大麻の実が原料なので違法性は無く、規制対象にもなりません。
ヘンプシードオイルは、最近ではスーパーフードとも呼ばれることもしばしば。

血液がサラサラになったり血糖値血圧を安定させる効果があります。
また亜鉛や鉄分も豊富に含まれているので女性で多い貧血にも効果があります。
健康効果をCBDと共に合わせたいと思う方はヘンプシードオイルベースを選ぶのがオススメ!

MCTオイル

CBDオイルはMCTオイルがベースになっている商品が多いです。
MCTオイルは、ココナッツなどのヤシ科の植物に含まれている中鎖脂肪酸という成分のみを抽出したオイル。

一般的な油と比べて、消化吸収が早く脂肪として蓄積されにくいのが特徴です。
ダイエットに特にオススメのオイルで、サラダや飲み物に入れて使ったりします。
糖質制限されている方のエネルギー源にもなります。

CBDとも相性が良く、ダイエット効果も合わせたいと思う方はMCTオイルベースがオススメ。

CBDオイルをまず試すならヘンプタッチのCBDオイルがオススメ!
980円で買えるお試しCBDオイルはこちら↓↓

まとめ

今回はCBDオイルとは一体何なのか?を解説致しました。
大麻草から抽出した成分ですが、CBDオイルには違法性はありません。

ベースのオイルによっては、組み合わさる効果が違うので自分にあったベースオイルを使ったCBDオイルを選ぶのがオススメです。
最初は万能なMCTオイルベースを選ぶと良いでしょう。

CBDオイルをまず試すならヘンプタッチのCBDオイルがオススメ!
980円で買えるお試しCBDオイルはこちら↓↓

CBDオイルの効果については別ページで解説中なので気になる方はチェックしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。